Yさんとの衝撃的な出会いの一部始終

あまり細かいとこまでブログを書けていませんが、ブライダルネットでメッセージを交換してた女性と、先日食事に行ってきました。

30代前半のYさん。かなり衝撃的な出会いでした。

待ち合わせ

プロフィールに写真が掲載されていたので、見た目の雰囲気を何となく想像しながら、待ち合わせ場所へと向かいました。

5分前ぐらいに着いたところ、伝えられていた服を着ている女性が立っていたのですが…

何というか、想像の倍ぐらいふっくらとしておりました。

そういうこともあるだろうな。いつか経験するんだろうなとは思っていたものの、いざそうなってみると、やっぱり衝撃的ですね。。。

とはいえ、ここまで来たら声をかけるしかないので、勇気を振り絞って、声をかけました。

アラキ

Yさんですか?

Yさん

あ、そうです。アラキさんですよね。あ、写真と同じ感じですね。スグにわかりました。

周りにたくさん人がいるのですが、結構大きな声で話しをされる人でした。

ぼくはちょっと恥ずかしかったので、とりあえず予約していたお店に移動しようと促しました。

予約していた和食系の居酒屋へ

通されたのはカウンター席でした。

カウンターチェアっていうのかな。ちょっと座面が高い位置にある椅子だったので、Yさんは座るのが大変そうでした。

テーブルに移ろうかと思ったのですが、店内混んでて、難しいとのこと。

気を取り直して、お互いビールで乾杯。そして、何を頼むか決めようとしたのですが…

Yさん

私はコレとコレとコレ。あと、コレね。

アラキ

…。

という感じだったので、Yさんの食べたいものに、一品追加で自分が食べたいものを注文しました。

Yさん

あら、アラキさんそれだけ?ゴクゴク(←ビール飲みながら)

アラキ

足りなかったら追加するんで、ひとまずこんな感じで…

注文したものが到着すると、Yさんは待ってましたと言わんばかりに、次々と口に放り込んでいきます。

見ていて、とても気持ちがいい食べっぷりです。

でも、何だかぼくが手を出しづらい雰囲気があります…。自分が頼んだものは、自分で食べきる姿勢なのだろうか。

Yさん

ビールおかわりー!

アラキ

…。

ぼくが頼んだクリームチーズの味噌漬けが運ばれてきて、それにYさんが手を出したので、シェアしていいんだなと分かりました。

すごく良く喋るので楽でした

Yさんは、食べてないときは、ほとんどずっと喋っていました。

色々圧倒されていたので、ちょっと内容を良く覚えていませんが、確か仕事の愚痴っぽいことが多かったような気がします。

沈黙にならずに済むので、とても楽ではありました。人見知りを発揮する間もありません。

でも、これはコミュニケーションと言えるのだろうかと、ちょっとだけ思ってしまいました。

たくさん食べて飲んでお会計

2時間制だったので、店員さんがラストオーダーを聞きに来たタイミングで、お会計に。

Yさんの気持ちのいい飲みっぷりと、食べっぷりにつられて、ぼくもだいぶ飲んだように思います。

もう一軒行きませんか?と誘われましたが、翌日があるのでと丁重にお断りをさせて頂き、解散しました。

おしまい

ぼくの少ない人間関係で、これまで彼女のようなタイプがいなかったので、とても衝撃でした。

結婚のお相手探しをうたっているブライダルネットを通した初対面で、これだけ飾らずに、素を見せられるというのは、人見知りの自分からしてみると羨ましいです。

そこを魅力だと感じる人もいるとは思うのですが、僕としては難しいなというのが、今回の出会いの結論になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です